下手の英文と数学の試しで神頼み講じるも結果は・・・

ハイスクール時代のある日、自身は近隣に言いました。
「依存がいるんやけど、英語で思い付かところがあるから、試験に出そうなとこだけでも教えてくれへん?」
「は?なぜ自分に言いつけなあかんの?」
秘訣を合せてお願いをする自身を近隣は小気味よく目をくれただけで一蹴しました。
小さい。
私の正直な反動だ。
確かに普段から勉強していなかった自身が低いのですが、
そこまで無碍にしなくてもいいのではないかと、少々悲しくなりました。

そういった自身をよそに近隣は窓の外部を眺めていました。
こうなってしまったらどれだけ頼んでも教えてくれる心配はないだろうと、自身は諦めて自力で勉強することにしました。
他人に指示を請う人となりはダメな品、と自分で当人を賛成させて勉強に頑張りました。

次の日の試験は英語と数学でした。数学は脱ぎ捨てるとして英語だけでも初めてならない物体だろうかと解明しました。
そして、自身はあることを思いつきました。
放課後、直ちに我々は神社に赴き、有り金を一切賽銭箱に投げ入れ、
明日の試験でレベル事柄上記を取れますようにと必死に懇願しました。

先々英語と数学の試験は終了しました。
結果は言わずもがな。陳腐でした。

どうしても神頼みはダメですね。
普段からコツコツ学業しようと、
何時売るかも思い付か精神をしたのでした。ベルタ 販売店