SDカードへの信頼が崩壊したのはショックでした

最近ショックだったのがスマホやタブレットで使っているSDカード系の記憶媒体が他の媒体に比べ長期保存の観点でみると現時点では最も信頼性に乏しいことが判明したことです。
お気に入りの動画や写真等を保存したいと思っていた私としては部屋中CD-RやDVD-Rだらけになるのだけは避けたかったので、SDカードはコンパクトだしその悩みを一気に解決してくれそうに思えましたし、コスパを考えても早々に切り替える必要性を感じていたのですが、最も信頼性に乏しいことを知って体中の力が一気に抜けてしまったような気がします。
そんな信頼性の乏しいものなのになぜか有名某社の製品は永久保証を宣言したりしてるので解せませんが、本当に壊れる度に無料で交換してくれるのであれば大いに助かるので試してみる手もありかも知れません。
私にとって64G以上の大容量SDカードは嵩張らない記憶媒体として救世主的な存在だったのでこれからどうしようか悩んでしまいますが、とりあえずこれまで通りDVD-Rを使い続けるか、それより多少信頼性は劣るらしいHDDを合わせて使用するしかないように思えます。